栄養学の基礎

消化・吸収・代謝

 

食品中の栄養素を分解、消化、分解、体内に取り込む吸収のプロセス

 

 

消化・吸収・代謝

消化・吸収・代謝の違い
 
食品中の栄養素を分解し、
体内に取り入れやすい物質にする事を 消化と呼び、
消化によって栄養素を分解し、体内に取り込むことを 吸収と呼びます。

そして、
吸収された各栄養素が体をつくるもとになったり、
生命活動のためのエネルギーに変化したりするプロセスを 代謝と呼びます。
 



消化・吸収・排泄の流れ
 
口の中に入った食品は咀嚼と唾液によって消化されやすい形になり、
食道通って胃に送られます。

次に 胃液によって粥状に分解され
十二指腸で更に分解されます。

胃では主にタンパク質が分解され

十二指腸ではさらに
タンパク質と糖質、脂質が分解
されます。

最終の消化は、小腸で行われ
タンパク質はアミノ酸に、
糖質はブドウ糖に、
脂質はグリセリンと脂肪さんに分解された後、

小腸の内壁から吸収され、
肝臓に運ばれて体内で利用しやすい形に変えられます。

栄養として 吸収されなかった残りのカスは、
大腸に運ばれ、水分が吸収されて便となり体外に排泄されます。

 
口腔
食品をかみ砕き、唾液と混ぜ合わせて消化しやすい形にする。
唾液には βアミラーゼという消化酵素が含まれており、 澱粉(糖質)分解する。
 
食道
口腔内で噛み砕かれた食品を胃に送る
 
胃に送られた食品は、 ペプシンという消化酵素を含んだ胃液と混ざり合い、 粥状に分解される
 
十二指腸
胆汁や膵液の働きでほとんどの栄養素が 体内に吸収されやすい形に分解される。
 
小腸
ほとんどの栄養素と水分の一部は、小腸を通過する間に徐々に吸収される。

アミノ酸とブドウ糖毛細血管で吸収される。
脂肪などは脂肪さんとグリセリンに分解され、リンパに吸収される。
残った余分な栄養素や、消化されない食物繊維は大腸に送られる。
 
肝臓
小腸で吸収された ブドウ糖
グリコーゲンとして蓄え

アミノ酸をタンパク質に組み替え
脂肪酸の合成・分解のほか、
コレステロールやリン脂質の合成も行う。
 
大腸
水分を吸収し、便を作る。
便は主に
吸収されなかった栄養素や
食物繊維、
腸の粘膜が剥がれたもの、
腸内細菌からなる




 

 


栄養学の基礎

アーカイブ

10年後のあなたは?「抗糖化」な生活習慣を今!!

現在アンチエイジング医療の中で、最も注目されるキーワードの一つです。
糖化とは、・・・



体脂肪が増えてしまう7つの悪い習慣

朝食を取ることは、体を温め代謝を上げる作用があるほか、体を目覚めさせ臓器の働きやホルモン分泌などが、適切に行われるようになる作用があります。



太らない炭水化物の食べ方とは?

お米はパンなど他の主食と比べ消化吸収率が高く、持続性もある優れたエネルギー源。



食事の補助として使える、健康食品サプリメントの利用

健康食品やサプリメントには健康効果などの表示はできない



- OK Google -


スポンサード

 
 
 
 
 
-------
酵素ドリンク
「美的90選ベジライフ酵素液」 2017年4月、ベルタ酵素がバージョンアップしました! ・新たにエンザミン・コラーゲンペプチドを配合 ・プラセンタがさらに高品質に ・スッキリ収納しやすい新容器
累計出荷数500万包突破の馬プラセンタサプリで有名な 「エイジングリペア」がこの度「AGEST」としてリニューアル! またAGESTから待望の美容液が誕生しました! 重ねる時を輝きに変える エイジングリペアは私のとって「お守り」的に存在
277種類の酵素含有の
酵素ドリンクで置き換えダイエット
わきが・体の臭いに
本当においしいスムージー
日本で唯一、野菜100%の天然アミノ酸(SMCS)がLDL(悪玉)コレステロールを下げる
グラマラスな大人の美Bobyを
ふんわりグラマラス!
    スッキリBodyを手に入れる
【太る人太らない人の違い】で
おなじみ、ダイエットサプリメント