栄養学の基礎

高齢期65歳以上の栄養

 

健康状態などの個人差が大きい高齢期65歳以上の栄養

 

 

必要な栄養素をしっかりととる
高齢期65歳以上の栄養

 
健康状態などの個人差が大きい
 
65歳以上を高齢期と呼びます、
この年代は健康状態や活動量の個人差が大きいのが特徴です。

活動的で食欲旺盛な高齢者がいる一方で、
活動量が低下し、エネルギー消費量が低下しているのに、
食べ過ぎて肥満を招き、
生活習慣病を発症している高齢者もいます。



 
高齢期の食事について
 
高齢期は
代謝機能の低下活動量の減少により、
体内でのエネルギー消費量が減少します。

ただし、
タンパク質やビタミン、ミネラルの必要量は
それをほど変わらないので、

必要な栄養素を取りながらエネルギー量を抑えた食事にします。

また、
噛む力や嚥下機能、
消化機能などが低下した場合は

流動状にしたり、とろみをつけるなど工夫しましょう。

その他、
骨粗鬆症や骨折の予防のために、
カルシウムを多く含む食品を摂る
糖尿病や高血圧の予防のために糖分や塩分を取りすぎない
脱水症にならないようにこまめに水分をとる
などの注意が必要です。

 
高齢期65歳以上の留意点

カルシウムの吸収率が低下するため、
吸収を助ける ビタミンDを含む食品とともに摂取する

味覚の低下や思考の変化のため、
濃い味付けを好むようになるので、
高血圧の原因となる 塩分の摂りすぎに気をつける

血糖値を正常に保つ働きが低下するため、
糖質は控えめにする

 
低栄養、予防する食習慣
 
■ 毎日三食きちんと食べる
1度に食べられない場合は、少しずつ何回かに分けて食べる。
 
■ 栄養素をバランスよく摂る
肉、魚、卵、大豆製品などのタンパク質は毎日摂取する
 
■ よく噛んで食べる
歯の欠落があっても、残った歯や入れ歯などを使ってよく噛んで食べる。
噛むことが脳を刺激し、老化防止につながる。
 
■ 調理法を工夫して食べやすくする
肉を叩いて柔らかくする、魚の身をほぐし、噛み切りにくい野菜を小さく切るなど、下ごしらえに工夫を凝らす。
咀嚼力や嚥下力が低下している場合は、とろみをつけて飲み込みやすくしたりすりつぶしたり、流動食にしたりする。
 
■ 水分はこまめにとる
喉が渇いたと感じる前に、こまめに水分を摂るようにする。
 
■ 食事が楽しくなるような雰囲気作りを工夫する

------------------------

 




 


栄養学の基礎

アーカイブ

10年後のあなたは?「抗糖化」な生活習慣を今!!

現在アンチエイジング医療の中で、最も注目されるキーワードの一つです。
糖化とは、・・・



体脂肪が増えてしまう7つの悪い習慣

朝食を取ることは、体を温め代謝を上げる作用があるほか、体を目覚めさせ臓器の働きやホルモン分泌などが、適切に行われるようになる作用があります。



太らない炭水化物の食べ方とは?

お米はパンなど他の主食と比べ消化吸収率が高く、持続性もある優れたエネルギー源。



食事の補助として使える、健康食品サプリメントの利用

健康食品やサプリメントには健康効果などの表示はできない



- OK Google -


スポンサード

 
 
 
 
 
-------
酵素ドリンク
「美的90選ベジライフ酵素液」 2017年4月、ベルタ酵素がバージョンアップしました! ・新たにエンザミン・コラーゲンペプチドを配合 ・プラセンタがさらに高品質に ・スッキリ収納しやすい新容器
累計出荷数500万包突破の馬プラセンタサプリで有名な 「エイジングリペア」がこの度「AGEST」としてリニューアル! またAGESTから待望の美容液が誕生しました! 重ねる時を輝きに変える エイジングリペアは私のとって「お守り」的に存在
277種類の酵素含有の
酵素ドリンクで置き換えダイエット
わきが・体の臭いに
本当においしいスムージー
日本で唯一、野菜100%の天然アミノ酸(SMCS)がLDL(悪玉)コレステロールを下げる
グラマラスな大人の美Bobyを
ふんわりグラマラス!
    スッキリBodyを手に入れる
【太る人太らない人の違い】で
おなじみ、ダイエットサプリメント