栄養学の基礎

学童期・思春期(6~19歳)の栄養

 

発達に見合った栄養素をとる

 

 

学童期・思春期(6~19歳)の栄養
 

発達に見合った栄養素をとる
 
6~11歳を学童期と呼び
12~19歳を思春期と呼びます。

乳幼児期から学童期にかけては最も体が成長する時期です。

この時期にエネルギーが不足すると、
成長不良を招き、
逆にエネルギーを摂りすぎると脂肪細胞の増加に繋がるので
発達に見合った栄養素とエネルギー量を満たす
バランスのよい食事をとる必要があります。


 
学童期の食事について(6~11歳)
 
学童期は身長が伸び、筋肉量が増えるなど、骨や筋肉が著しく成長する時期なので、
タンパク質やカルシウムを意識して摂る必要があります。

また、この時期は乳歯が永久歯に生え変わり、
食品の嗜好がはっきりしてきます、
ファストフードやスナック菓子、
清涼飲料水など、
脂質や糖質が多く、エネルギーが高い食品は虫歯や肥満につながるので取りすぎに注意しましょう。

肥満を防ぐことは、成人後の生活習慣病の予防にもつながります。

そして、この時期に身に付けておきたい 食習慣の一つ
食品をよく噛んで食べることです。
よく噛むことで
唾液が多くなり、
虫歯を予防する、
顎の骨や筋肉を発達させる、
歯並びを良くするなどの効果が期待できます。
 


思春期の食事について(12~19歳)
 
思春期は部活動などによる過度の運動や、
女子は月経などにより鉄の必要量が多くなるので、
鉄の多い食品を意識して摂る必要があります

また、 骨量や骨密度が最も増加する時期でもあり、
この時期に骨を丈夫にしておくと、
将来の骨粗しょう症の予防につながります、

バランスの良い食事はもちろん、
カルシウムやたんぱく質を積極的に摂取することが大切です。

このほか、この時期には心と体の両方が発達し、
体格差や体形がはっきりしてきます。

無理なダイエットは貧血や無月経につながることがあるので、注意が必要です。








 


栄養学の基礎

アーカイブ

10年後のあなたは?「抗糖化」な生活習慣を今!!

現在アンチエイジング医療の中で、最も注目されるキーワードの一つです。
糖化とは、・・・



体脂肪が増えてしまう7つの悪い習慣

朝食を取ることは、体を温め代謝を上げる作用があるほか、体を目覚めさせ臓器の働きやホルモン分泌などが、適切に行われるようになる作用があります。



太らない炭水化物の食べ方とは?

お米はパンなど他の主食と比べ消化吸収率が高く、持続性もある優れたエネルギー源。



食事の補助として使える、健康食品サプリメントの利用

健康食品やサプリメントには健康効果などの表示はできない



- OK Google -


スポンサード

 
 
 
 
 
-------
酵素ドリンク
「美的90選ベジライフ酵素液」 2017年4月、ベルタ酵素がバージョンアップしました! ・新たにエンザミン・コラーゲンペプチドを配合 ・プラセンタがさらに高品質に ・スッキリ収納しやすい新容器
累計出荷数500万包突破の馬プラセンタサプリで有名な 「エイジングリペア」がこの度「AGEST」としてリニューアル! またAGESTから待望の美容液が誕生しました! 重ねる時を輝きに変える エイジングリペアは私のとって「お守り」的に存在
277種類の酵素含有の
酵素ドリンクで置き換えダイエット
わきが・体の臭いに
本当においしいスムージー
日本で唯一、野菜100%の天然アミノ酸(SMCS)がLDL(悪玉)コレステロールを下げる
グラマラスな大人の美Bobyを
ふんわりグラマラス!
    スッキリBodyを手に入れる
【太る人太らない人の違い】で
おなじみ、ダイエットサプリメント