栄養学の基礎

乳幼児期(0~5歳)の栄養

 

乳幼児期は、身体、嗜好、食習慣の基礎を作る大切な時期です。

 

 

乳幼児期(0~5歳)の栄養
 

健康的な食習慣を身につける
 
乳幼児期は、身体、嗜好、食習慣の基礎を作る大切な時期です。

発達に応じて、母乳や人工乳だけの栄養から 半固形食などの離乳食へと進み、
最終的には大人と同じ固形食に移行していきます。

この時期から、
健康的な食習慣と食事の楽しさを教えることが大切なので、
家族揃って「 いただきます」「 ごちそうさま」を言ったり、
楽しく会話をしながら食事を取ったりするなど、
食事の楽しさを体験させることが大切です。

 

乳児期の食事について
 
乳児期のうち、
生後まもなくは母乳や人工乳で栄養をとります。

母乳には、 病気の感染を予防し、体の発育に必要な栄養素がバランスよく含まれています。

5ヶ月頃になったら
離乳食を始め、乳汁だけでは補いきれない栄養素を食事から取るようにしていきます。

離乳食は、ペースト状のものから始め、発育の段階に見合った食材と調理法を心がけます。

必要以上に離乳食を遅らせたり、
食品を制限したりすると、
栄養不足や食事の学習機会の損失に繋がるので注意が必要です。

また、 薄味の離乳食を与えて敏感な味覚の発達を促したり
固形食を食べる体験から咀嚼と嚥下を学習させたりすることも大切です。
 

幼児期の食事について
 
幼児期になると活動量が増えてくるので、
1日に必要なエネルギー量や栄養素も増えてきます。

この時期から味覚が発達し、
偏食やムラ食いが見られるようになります。

また、
乳歯が生え揃い、
噛む力もついてくるので、
食べられるものが増えて
身長・体重共に大きく成長します。

ただし、
消化機能や咀嚼力が未熟で1度に食べられる量が少ないので、
1日3回の食事では、栄養素が足りません。

そのため、 活動量や食欲に応じて間食を1~2回加えた食事回数にします。

この時期にできるだけ多くの食品に慣れさせ、
食べられるものを増やしておくことが重要です。

消化を促す為にも、良く噛んで食べる習慣を身につけさせましょう。







 


栄養学の基礎

アーカイブ

10年後のあなたは?「抗糖化」な生活習慣を今!!

現在アンチエイジング医療の中で、最も注目されるキーワードの一つです。
糖化とは、・・・



体脂肪が増えてしまう7つの悪い習慣

朝食を取ることは、体を温め代謝を上げる作用があるほか、体を目覚めさせ臓器の働きやホルモン分泌などが、適切に行われるようになる作用があります。



太らない炭水化物の食べ方とは?

お米はパンなど他の主食と比べ消化吸収率が高く、持続性もある優れたエネルギー源。



食事の補助として使える、健康食品サプリメントの利用

健康食品やサプリメントには健康効果などの表示はできない



- OK Google -


スポンサード

 
 
 
 
 
-------
酵素ドリンク
「美的90選ベジライフ酵素液」 2017年4月、ベルタ酵素がバージョンアップしました! ・新たにエンザミン・コラーゲンペプチドを配合 ・プラセンタがさらに高品質に ・スッキリ収納しやすい新容器
累計出荷数500万包突破の馬プラセンタサプリで有名な 「エイジングリペア」がこの度「AGEST」としてリニューアル! またAGESTから待望の美容液が誕生しました! 重ねる時を輝きに変える エイジングリペアは私のとって「お守り」的に存在
277種類の酵素含有の
酵素ドリンクで置き換えダイエット
わきが・体の臭いに
本当においしいスムージー
日本で唯一、野菜100%の天然アミノ酸(SMCS)がLDL(悪玉)コレステロールを下げる
グラマラスな大人の美Bobyを
ふんわりグラマラス!
    スッキリBodyを手に入れる
【太る人太らない人の違い】で
おなじみ、ダイエットサプリメント