栄養学の基礎

妊娠期・授乳期の栄養

 

赤ちゃんを育てる、妊娠期授乳期の栄養について

 

 
妊娠期・授乳期の栄養

赤ちゃんを育てる、妊娠期授乳期の栄養について
 
母子の健康を維持する栄養素の摂取が必要
 
妊娠期授乳期は、
母子の健康を維持するために必要な栄養素をバランスよくとるとともに、
妊娠中毒症などの予防のため、
食事管理と体重管理を行うことが必要です。

 
妊娠期の食事について
 
妊娠期は、
骨や歯の成分となるカルシウムと、
鉄欠乏性貧血を予防するための
しっかりと摂取するように心がけることが大切です。

 
その他胎児の奇形のリスクを高める、
妊娠初期の ビタミンAの過剰摂取
妊娠中毒症のリスクを高める、 塩分の過剰摂取
過度な体重増加
葉酸不足
危険なので注意する必要があります


授乳期の食事について
 
授乳期は
母乳に使われる
鉄やエネルギーをしっかりと補うことが大切です。

また、 鉄は出産時に失われていますので、
特に意識して摂る必要があります
 
 
 
妊娠初期~15週
 
体の変化
・つわりで気分が悪くなったり、
 精神的に不安定になったりする
・乳房が張ったり痛んだりする
 
留意点
・嗜好の変化や食欲不振が現れることが多いので、
 つわりがひどい時は好きなものを食べたい時に食べる
・ビタミンAの過剰摂取は胎児の奇形のリスクを高めるので、
 取り過ぎないように注意する
・胎児は有害なものの影響を受けやすいので、
 飲酒や喫煙は避け、添加物の多い加工食品は取らないようにする
 
 
 
 
妊娠中期16~27週
 
体の変化
・お腹の膨らみが目立つようになる
・乳房が大きくなる
・腰痛や肩こり、足の痛みなどを引き起こしやすくなる
・貧血になりやすくなる
・便秘や痔になりがちになる
 
留意点
・体重が増えすぎないように、コントロールする
・貧血や血圧に気をつけ、
 鉄やタンパク質、カルシウムをしっかりと摂る
 
 
妊娠後期28週以降
 
体の変化
・次第に子宮が持ち上げられるため、
 圧迫感や胃もたれ、
 食欲減退などを引き起こしやすくなる
・動悸や息切れなどが現れる
・手足がむくみやすくなる
 
留意点
・食事を取れない時は、
 少しずつ何回かに分けて食べるようにする
・無理はせずに疲れたらすぐに休む
・むくみの原因となる塩分の取りすぎに注意する
 
 
 
授乳期
 
体の変化
・乳腺が発達して乳房が大きくなる
・母乳の分、水分が取られるので
 便秘になりやすくなる
・ホルモンバランスの変化や
 授乳によるカルシウム不足、 
 抱っこなどで関節の痛みが現れやすい
 
留意点
・お母さんが摂取した栄養は、
 母乳を作るためにも使われるので、
 バランスよく多めの摂取を心がける
・過食には気をつけましょう
・便秘にならないよう、水分補給をこまめに行う









 


アーカイブ

10年後のあなたは?「抗糖化」な生活習慣を今!!

現在アンチエイジング医療の中で、最も注目されるキーワードの一つです。
糖化とは、・・・



体脂肪が増えてしまう7つの悪い習慣

朝食を取ることは、体を温め代謝を上げる作用があるほか、体を目覚めさせ臓器の働きやホルモン分泌などが、適切に行われるようになる作用があります。



太らない炭水化物の食べ方とは?

お米はパンなど他の主食と比べ消化吸収率が高く、持続性もある優れたエネルギー源。



食事の補助として使える、健康食品サプリメントの利用

健康食品やサプリメントには健康効果などの表示はできない



- OK Google -


スポンサード

 
 
 
 
 
-------
酵素ドリンク
「美的90選ベジライフ酵素液」 2017年4月、ベルタ酵素がバージョンアップしました! ・新たにエンザミン・コラーゲンペプチドを配合 ・プラセンタがさらに高品質に ・スッキリ収納しやすい新容器
累計出荷数500万包突破の馬プラセンタサプリで有名な 「エイジングリペア」がこの度「AGEST」としてリニューアル! またAGESTから待望の美容液が誕生しました! 重ねる時を輝きに変える エイジングリペアは私のとって「お守り」的に存在
277種類の酵素含有の
酵素ドリンクで置き換えダイエット
わきが・体の臭いに
本当においしいスムージー
日本で唯一、野菜100%の天然アミノ酸(SMCS)がLDL(悪玉)コレステロールを下げる
グラマラスな大人の美Bobyを
ふんわりグラマラス!
    スッキリBodyを手に入れる
【太る人太らない人の違い】で
おなじみ、ダイエットサプリメント